-->

2021.12.26.降誕節第1主日礼拝説教

聖書:マタイによる福音書2章1-12節 『ひれ伏して拝む博士たち』

菅原 力牧師

 クリスマスの恵みの礼拝を終えた最初の主の日、降誕節第1主日に読むよう教会暦に基づく聖書日課で示されている聖書箇所が、今日の聖書箇所です。皆さんよくご存じの聖書箇所です。日曜学校や幼稚園の聖誕劇などでこの場面を演じた方も少なくないでしょう。

 さて、ここには、主イエス・キリストがお生まれになった直後のことが描かれています。登場人物は、二つのグループにはっきりと分かれます。一つは東の方の学者たちです。もう一つは、ユダヤの王ヘロデ、そしてエルサレムの律法学者や祭司長、そして町の人々です。この二つのグループの人々のコントラストが、ここには鮮やかに描かれているのです。

 

 まず東の方の学者たち。東の方とは、ユダヤから見て東の方、という意味で、アラビア、ペルシャの国々のことではなかったかと想像しますが、聖書には何も書かれていないので、よくはわかりません。しかし、はっきり言えるのは、その時代すぐれた文明、文化があった東方の学者たちであったということです。新共同訳は「占星術の学者たち」と訳していますが、占星術というのは元の言葉にはない言葉で、学者たちという訳語も口語訳聖書のように博士の方がよいと思われます。彼らはたんに学者というよりも、東方の物知り博士、最高の知識人だからです。協会共同訳は、また元の通り、「東方の博士たち」という言葉に戻しています。その博士たちが、外国のしかも小さな国の王が生まれたからと言って、はるばる旅してくるのです。彼らは政治家ではないから王が生まれたからといって表敬訪問する必要はない。この王を拝みに来た、というのですから、救い主誕生ということを博士たちは受けとめていたのです。彼らは旧約聖書にあるような、救い主誕生の星を調べ、それを受けとめてきたのです。東方のすぐれた文明、文化の知識人、理の人である彼らが、理を超えた救い主の誕生の知らせを、誰よりも早く受け止めていたのです。

 もう一方のグループはヘロデたちです。ユダヤ人たちです。東方の博士たちがエルサレムにやってきて、ユダヤ人の王としてお生まれになった方はそこにおられますか、と尋ね回っているのを知って、ヘロデ王は不安を抱くのです。不安を抱くのは当然と言えば当然です。自分の知らないどこかで、ユダヤ人の王が生まれたというのですから。博士たちも天然と言えば天然。ヘロデ王は、自分の存在を脅かす人は、どんな人であれ、極端に恐れました。そして自分を不安にさせる人たちを次々に殺していきました。三人の息子を殺し、叔父も殺し、挙句に自分の愛する妻まで殺してしまった人です。それはヘロデという人の問題であるとともに、人間の底にある不安というものがとんでもなく厄介なものであることを物語っています。自分の地位や存在を脅かすものは、すべて不安の材料となった。いや彼にとっては、生きていることそのものが不安だったのかもしれない。

 ヘロデは祭司長や律法学者を集め、救い主はどこに生まれるのか、と問い質します。彼らは旧約の預言者の言葉を引用して応えます。彼らは知っているのです。主が生まれるであろう場所を、預言者たちの言葉から知っているのです。ヘロデはエルサレムに来ている博士たちを呼び寄せ、生まれた時期について確かめます。そして「その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言うのです。それは幼子である救い主を拝みに行くためではなく、殺すためだったのはないか。

 さて、こうして二つのグループは出会い、交差します。一方は遠い国からわざわざ生まれた幼子、救い主を拝むためにやってきた博士たち。一方は救い主誕生の不安を覚えた人たち。この二つのグループの人たちは、確かに交差するのですが、その後、違いを鮮明にしていく。救い主を拝む人たちと拝まない人々。拝むのか、拝まないのか、それがこの二つのグループの分かれ目になっているのです。グループという言葉を使いましたが、博士グループとユダヤ人グループでは人数は全然違います。しかしそれでも、マタイが描くのは、この二つのグループが交差し、分かれていく様子なのです。

 「拝む」という言葉が今日の聖書箇所の分かれ目にあるキーワードです。

この「拝む」という言葉なのですが、たんに拝むという意味だけの言葉ではなくて、「ひれ伏して拝む」「跪拝する」という意味をもつ言葉です。床に頭をつけてひれ伏して拝む、イスラム教の礼拝の映像でよく見るあの拝み方です。ですから11節は同意語反復でひれ伏して、ひれ伏し拝むと訳す言葉遣いになっているのです。

 「ひれ伏す」という態度は拝む対象の大きさ豊かさの前で、自分を小さくしていく、ということであります。拝む対象の大きさの前で、自分の小ささ、低さ、貧しさ、そういう存在であることを受けとめ、拝む対象の大きさをほめたたえていく、それがひれ伏すということです。

 つまり、神さまの前であなたは大きく、豊か、わたしは小さな、貧しいものです、ということを表し、あなたのみ心に従うものとさせてください、と願っていく、それがひれ伏して拝むという言葉に込められている態度です。

 ひれ伏して拝む、という言葉、それはわたしたちの生きる態度に直結する言葉です。東方の博士たちは、星の導きを受けとめ、遠い国からはるばる旅して拝みに来たのです。この行動のすべてが、ひれ伏して拝むと言ってもいいのです。

 一方ヘロデをはじめ、ユダヤの人々は、聖書を通して救い主のことも知っている人たちでした。しかし詳しく知ろうとすることも、実際拝みに行こうともしない。そもそもひれ伏して拝むという生き方が自分の中にないのです。

 ユダヤ人がすべてそうだった、というようなことが今言いたいわけではない。ただ、人は神の前でもしばしば自分を大きくしてしまうのです。それはたまたまということではなく、生き方の中に、自分を大きくする何かが根を張っているということです。神の前でひれ伏して拝む、という生き方が生まれていくためには、神の大きさ、豊かさ、というものにその人が触れていかなくてはならない。知らされていく、ということです。そのためには自分の思い込みではなく、聖書の語る神にまともに精確に出会わなくてはならない。自分の観念で聖書を読んでいる間は、自分が大きい。

 東方の博士たちは、星に導かれて幼子誕生の場所にたどり着きました。幼子は母マリアと共におられたのです。彼らは跪き、ひれ伏して伏し拝んだ。まさに自分を小さくしようとしているのです。そして自分たちの宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。どれもとても貴重なもの。文字通り自分たちの宝を献げたのです。持てるよきものを献げたのです。そして自分たちの国へ帰っていった。なんという人たちか。ただひれ伏して拝むために来て、精いっぱいの献げものをして喜びのうちに自分たちの生活の場へ帰っていく。しかもそれは、一般的に言えば外国の神、1000キロ以上も離れている地からの旅なのです。

 クリスマスというのは、直訳すればキリストのミサ、キリスト礼拝ということですが、最初にキリスト礼拝をしたのは、まさにこの東方の博士たち、であったのです。

 わたしたちは今日の聖書箇所から何を聞くのでしょうか。あなたは、東方の博士たちのように、主イエスの前でひれ伏して拝む人、そこから生きようとする人ですか。それとも、ヘロデのように、救い主を拝まない人ですか、と聖書はわたしたちに問いかけています。

 確かに現実はもう少し複雑で、そんなに単純に二者択一のようにはいかないのかもしれません。少し拝むけれど、日常はまるで拝まず、また思い出した時に、ちょっとだけ拝む。自分のその時の気分で拝むこともあれば、拝まない時もある。実際には、確かに複雑でしょう。しかしだからこそ、この二者択一の前にわたしたちは立たなくてはならないのではないか。あなたはどちらなのか、という問いの前に立つ必要がある。なぜなら、わたしたちはほかっておけば、自分をどんどん大きく存在だからです。ほかっておけば、自分を神の前で小さくしようなどとはまるで思わない存在だからです。気が向けば拝むけれど、気が向かなければ拝まない、というのは、そもそも自分を大きくしている態度そのものです。ひれ伏していない。自分が納得し、了解したら神を信じます、という態度もひれ伏す態度とは全く違う。

 最初のクリスマス、それはキリストがお生まれになって、キリスト礼拝をする人々がいて、クリスマスとなった、ということに目を向けたい。人間の知恵や理を超えて、神さまのなさる恵みの業の大きさ、豊かさに触れ、感動し、喜び、感謝し、跪き、ひれ伏して拝礼した人たちが、いたことに目を向け、こころを向け、わたしもそのようにひれ伏していきたい、そのように導いてくださいと祈っていきたいと思います。