-->

マルコによる福音書連続講解説教

2022.1.23.降誕節第5主日礼拝説教

マルコによる福音書8章1-21節「 奇跡を悟る 」

菅原 力牧師

 マルコによる福音書8章には、主イエスが四千人もの群衆に、パンと魚とをお与えになった、という奇跡物語が記されています。もうすでに読んだ、と感じておられる方もいらっしゃるでしょう。確かに6章で人数こそ違え、同じような出来事が記されているのです。こんなに短い期間で、同じような出来事があった。しかも福音書の著者はそれを労をいとわず、くり返し報告している。それは何故なのか、考えてみることが重要です。起こったことをただ時系列に従って書いた、というだけのことではない。この繰り返しの中に、大事なことが込められていはずです。それを思いながら読む、ということが重要です。18節で主イエスが「目があっても見えないのか。耳があっても聞こえないのか。覚えていないのか」と弟子たちを厳しく叱責というか、問い質しています。身につまされる主イエスの言葉です。6章のあの奇跡で、キリストが受け取るよう示されたものは何だったか。聞いていないわけではない。聞いたんですけれども、さっと忘れてしまう。

 6章のパンの供食の奇跡、大事なポイントは二つありました。一つは、主イエスが群衆の見て、「飼い主のいない羊のような有様を深く憐れ」んだ、ということでした。たんに人々が空腹だというだけを見たわけではなく、飼い主のいない羊のようだとご覧になり、深く憐れんだのです。今日の8章2節で「群衆がかわいそうだ」と訳されている言葉、憐れんだという言葉なのです。群衆を見る主イエスのまなざしが繋がっているのです。

 もう一つのこと。それは群衆を憐れんだキリストがパンの奇跡をなさり、一人一人パンを受けて満たされた、ということです。

 一つ目のこと、飼い主のいない羊のよう、とは、生きていく上で一番大事な中心にあるものが失われている、ということでした。自分を最も深いところから支えてくれる存在を見失っている、ということでした。群衆のことを、そしてわたしたち、わたしの存在に、憐れみを覚えてくださっている方がいるのです。痛んでくださっている方がおられるのです。わたしという存在のために苦しんでくださる方がおられるのです。キリストの憐れみ、痛み、苦しみはわたしという存在に根差しているのです。だからこそ、キリストはこの世界に来てくださったのです。だからキリストはこの羊たちのまことの羊飼いであることを示してくださったのです。ただ示してくださっただけでない。群衆に命の糧パンを差し出された。それはまさに、ご自分の体を十字架にかけて、死によってわたしたちを贖い、復活のいのち、まことのいのちの糧であるキリストのからだを差し出してくださったことのしるしなのです。群衆にパンを差し出されたその奇跡はキリストの十字架を指し示すしるしなのです。

 群衆を見つめる主イエスのまなざしと、パンを与えるキリスト。その全部がしるしなのです。

 主イエスはパンの奇跡を、6章に続き、この8章でも行ってくださった。それは、群衆に対する憐れみの思いからなされたことでした。と同時に、パンを与えるという行為がキリストにとってどれほど深い使命によるものかを指し示すものでもあったのです。

 主イエスのもとにファリサイ派の人々がやってきました。彼らは天からのしるしを求めていたというのです。イエスは何者か。もし神の子なら、天来のしるしがあるはずだ、彼らはそう考えたのです。彼らが考える天来のしるし、というようなものがあったのでしょう。彼らはそのしるしは与えられていない、と思っていた。だから、しるしを求めているのです。それに対して主は、「こころの中で深く嘆い」た、とあります。先週の聖書箇所で耳が聞こえない人の耳に指を差し入れ、天を仰いで深く息をついた、あの言葉と同じ言葉。呻きです。なぜ、主はここで呻かれたのか。この呻きはいったいどのような呻きなのか。主イエスは供食の奇跡を二度も繰り返された。しかしファリサイ派の人々は、それを見ても何も思わず、しるしを求めた。彼らは自分たちの考え思うしるし以外のしるしを見ていない。しかししるしは既に与えられているのです。パンの奇跡はもちろん、イエス・キリストがなさったこと、語られたこと、そのすべてがしるしにつながっていくのです。だが彼らはそのしるしを見ようとも、聞こうともしない。その彼らに対する呻きなのです。ほかの福音書を見ると、ヨナのしるし以外にはしるしは与えられない、と主は言っておられます。それは敢えて、ファリサイ派の文脈で言うなら、ということで、彼らが自分たちがイメージするしるししか、見ようとしない、そのことに対する言葉でもあります。キリストが呻いた背景には、主イエスの存在そのものがしるしであるということを受けとろうとしないこの時代に対する悲しみがあったことを感受する必要があります。

 だからこそ、主イエスは弟子たちと舟に乗ったとき、こう語られたのです。「ファリサイ派の人々のパン種とヘロデのパン種によく気をつけなさい。」パン種とは今でいうところのイースト菌のことです。小さいけれど、全体を膨らませて大きくするものです。ファリサイ派のパン種とは何でしょうか。

 ファリサイ派は宗教的にきわめて熱心な人たちの集団です。この人たちはイエスが神の子であるのなら、そのしるしを示せ、と言ったのです。しかしその場合のしるしは自分たちが考える、自分たちが判断しるしなのです。つまり自分たちが判断の基準なのです。神の子ならかくあるべし、神さまだからこうでなければ、と自分の観念を神に押し付けていく、これはクリスチャンの中にも少なくない。信じる者たちの熱心さで神まで拘束していく。神から与えられるしるしを見ること、聞くことが困難になっている。自分の我の方が前面に出てくるからです。それがファリサイ派のパン種。

 そしてもう一つヘロデのパン種。ヘロデは世俗の人です。世俗の権力者。彼は自分を大きくすること、自分の利益を図ること、自分の欲望を充足させることに躍起になっている。洗礼者ヨハネの首をはねたのも、それ以外ではなかった。自己目的。自分の我が肥大化していく。それがヘロデのパン種だとすれば、宗教者も世俗の権力者も、対極にいるようで、実は大して変わらない。自分の我の虜になっているという意味で。誤解のないように言えば、神の前で自分の我を無にしろ、というような話をしているわけではありません。そんなことは容易にはできないこと。我はあるものです。しかしそれがいつも前面に出てきて、神からの示し、神から語りかけ、神からの呼びかけも聞けなくなっていく、そこに問題があるのです。それはつまりは人間の不信仰のことなのだ、とある人は言いました。不信仰こそパン種だ、というのです。神は語りかけてくださっている、キリストはしるしを与え、呼びかけてくださっている。けれど、自分の声に聞くことに忙しく、神からの声に聞くことをできない。気がつくといつも自分の声にだけ聴こうとしている、それが不信仰。そしてそれが人間が膨らましていくというのです。

 弟子たちはこの主イエスの話が分からず、たんにパンを持ってくるのを忘れたからパン種の話を主はされたのだと思った。弟子たちは、主イエスの話をなさることをバラバラに受けとめているのです。しかし、主イエスにおいては、すべては、深く繋がっているのです。

 四千人の供食。しるしを求めるファリサイ派。そしてパン種。これがどうつながっているのか、わたしたち自身耳を傾けることがなければ、聞こえてくるものも聞こえてこない。「まだ、分からないのか。悟らないのか。心が頑なになっているのか。目があっても見えないのか。耳があっても聞こえないのか。覚えていないのか。」

 神は語りかけてくださっている。必ずしも聞こうとしていないわけではない。聞こうとはしているつもり。だが、キリストの言われるとおり、聞こえていないとするなら、何度でもキリストがなさっていることを裸眼で見る必要があるのです。語りかけられていることを、これまでとのつながりを思いながら、何度でも聞く必要があるのです。本を読んですぐわかりたいと思っている人がいます。逆に言えば、疑問点が解消されればすぐにわかると思っている人がいます。だが、本当にそうなのか。弟子たちもしばしば、自分たち流に理解して分かったつもりになっていたのではないか。キリストの言葉をわたしたちが受け取るためには、そもそもなぜキリストがこの世に来られたのか、というところに立ち返っていきそこからキリストの言葉を受けとろうとするほかない、ということもしばしばでしょう。キリストのこの世での使命ということを確認しながら読まなければ受け取れない言葉もあるでしょう。終末の完成に思いを馳せなければ、受け取れない言葉もある。向こうからの語りかけに聞くためには、イエス・キリストというお方を信仰によって受け止め、神の働きを信じ、その歩みの全体に聞きながら、今ここでこの言葉に聞く、という必要があります。そしてそれはわたしたちの普通の言葉で言えば、キリストの生涯を思いつつ御声に聞く、という聞き方が問われていくのです。

 

 覚えていないのか、という主の言葉は主イエスの歩みの一つ一つへの言葉です。忘れてしまうのであれば、くり返し聖書に聞いたらいいのです。わたしたちの生活の中に、キリストの歩みの一つ一つが思い浮かんでくるような、その中でキリストの声が聞こえてくるような、そういう聞き方をしていきたいと思います。