-->

教会暦聖書日課による説教

2022.4.17.復活祭主日礼拝説教

聖書:ルカによる福音書24章1-12節 『 復活の主 』

菅原 力牧師

 復活祭の朝を迎えました。主イエス・キリストの復活のおとずれを共に聞いて、神を礼拝してまいりましょう。

 さて、今朝与えられた聖書箇所、ルカによる福音書24章の1-12節なのですが、これは24章全体が一つのつながりで、読まれるように書かれていて、この全体がルカが描く復活の物語なのだ、ということを念頭において、読み進んでいく必要があります。

 週の初めの日の明け方近く、女性たちは主イエスの遺体に香料を塗るため、墓に向かいました。すると墓の石は脇に転がしてあり、中に入っても主イエスの遺体は、見つけることができませんでした。彼女たちは途方に暮れました。誰かが、盗んだのか、持ち去ったのか、いやいや、そんなことをする者はいないだろう、いろいろなことが頭の中を行き交ったかも知れない。途方に暮れたのです。その彼女たちに、輝く衣を着た二人の人がそばに現れたのです。二人はこう語りかける。「なぜ、生きておられる方を死者の中に探すのか。あの方はここにはおられない。復活なさったのだ。まだ、ガリラヤにおられたころ、お話になったことを思い出しなさい。人の子は必ず、罪人の手に渡され、十字架につけられ、三日目に復活することになっている、と言われたではないか。」

 

 まずここで見ておきたいのは、女性たちは、あくまでも遺体に香油を塗りに来たということです。自分たちが敬愛し、師と仰いできた主イエスも、死んでしまった。すべてはそれで終了。死に飲み込まれてしまった。ところが墓は空になっている、ということで彼女たちは途方に暮れたのです。遺体を持ち去っていく、盗む、ということは頭をかすめたかもしれないけれど、不思議なくらい、彼女たちは誰一人として、復活の可能性を信じていない。主イエスは復活されたのではないか、という人は誰もいなかった。

 そこに現れた二人のひと。天使とはどこにも書いていないけれど、天使なのでしょう。神のことばを告げるのですから。この二人がまず告げたのは、主イエス・キリストの復活宣言です。「なぜ生きておられる方を死者の中に探すのか。あのお方はここにはおられない。復活なさったのだ。」

 女性たちは死者としてのイエスしか、頭にない。死んで、遺体となったイエスしか、頭にない。しかしあの方は、復活なさったのだ、そう天使は告げるのです。女性たちは、驚きの連続だった。途方に暮れた時も、そして今も。

 天使は、主がガリラヤにおられたころ、お話になったことを思い出しなさい、と語る。それはわたしたちも聞いてきた主の受難予告とそれに続く復活の告知のことです。

 主イエスの言葉を思い出しなさい。そう言って天使が語ったのは、主の言葉、でした。そこで、女性たちは、イエスの言葉を思い出した、と繰り返すようにして書かれています。思い出しなさい、と言われて思い出した。とても重要な場面です。ところでここを読んで、彼女たちが主イエスの言葉を思い出して、この時主イエスの復活を信じたのかどうか、という疑問を持つのですが、信じた、という様子は伝わってこない、ということです。

 思い出して、「ああ、そうか、やっぱり主イエスは十字架の死を超えて、よみがえられる方だったんだ」と喜び感謝した、とはここには書かれていない。書かれていないというだけではない。主の復活を信じた喜び、応答というものは伝わってこない。信じなかったからでしょう。天使の言葉を聞いても、主イエスの復活ということなど、右から左に信じられるものではなかった、ということでしょう。

 彼女たちは墓から帰って、十一人と他の人皆に一部始終を知らせました。それはマグダラのマリア、ヨハナ、ヤコブの母マリア、の三人の女性、それに一緒にいたほかの女性たち、つまり墓に行ったのは三人ではなく、それ以上の数の女性たちだったのです。女性たちは使徒たちに話したが、使徒たちはこの話がたわ言のように思われた、と聖書は書き記しています。

 使徒たちとは誰のことを指すのかここからはよくわかりませんが、いずれにせよ主イエスの弟子集団の中の人たちです。その人たちが、女性たちが伝えた天使の話を聞いて、たわ言と思ったというのです。「まるで馬鹿げたこと」というのが今度の協会共同訳です。だから弟子たちは女性たちの話を信じなかった、とはっきり記されています。

 わたしはいつも福音書のこうした記録に敬意を覚えます。誰も信じられなかった、ということを隠すことなく、正確に書きとどめる態度に対してです。今から二千年前、現代よりもはるか信仰深く、神を絶対のものと信じ、神の御手の内にあると信じていた人々も、復活ということは信じられなかった。それが実に正直な、人間の姿です。それはある意味当然です。なぜなら人間の経験や知識の中には、復活というようなものはないからです。古代においても、現代においても、ひとしく復活というようなことは知らないのです。十字架にかかって死んだ人間、墓に葬られた人間が復活するというようなことなど、わたしたちの了解事項ではない。

 だから女性たちの態度も、主イエスの弟子たちの信じなかった態度も、正直な姿です。しかしこの出来事は何を語っているのか。それは、イエス・キリストの復活ということの前で人は躓く、ということです。誰でも普通に躓くということです。そしてそれは、キリストの復活という出来事が、人間の持てるもので受け取ることができるものでも、人間の側からアプローチすることができるものでもない、ということを指し示しているのです。

 今、この場面に居合わせている人々は、女であれ、男であれ、主を信じて歩んできた人々です。その意味で最も主イエスに近く、共にあり、信仰を持って従ってきた人々なのです。いろいろな問題があるにせよ、主イエスに従ってきた信仰の人たちです。その彼女たちが、彼らが、途方に暮れて、驚いて、たわ言のように思って信じない。それはそもそも、主の復活はわたしたちの持てるもので、理解し、判断する事柄ではない、ということなのでしょう。どんなに良い信仰を持っていても、どんなに深い信心を持っていたからと言って、その信心で受け取れるものではない、ということではないでしょうか。

 ルカ福音書24章はこの後、二人の弟子が、エマオという場所に行きその途上で復活の主との出会いを経験するという出来事と、弟子たちによみがえりの主が現われる、という出来事が続きます。

 この二つの出来事に共通しているのは、弟子たちが近づくのではなく、キリストが近づいてきてくださる、ということです。いや、近づくということ以上のこと、彼らの、彼女たちの真中にキリストが立ってくださるということなのです。ルカ福音書24章は、全体として、主の復活の物語を語っているものとして読む必要があると最初に言いました。つまり1節から12節においては、天使の言葉を聞いた女性たち、その言葉を伝え聞いた弟子たちの姿が描かれているのですが、言葉を聞いても、この人々は信じる、ということはできなかった。復活なんてあり得ないし、それは神といえども無理だろう、と判断していた、ということです。

 しかし、その人々に対して、復活のキリストは近づいてくださる、真中に立ってくださる。そしてご自身を顕わにしてくださる。それ以外には、わたしたちの内に復活の主と出会う回路はないのです。

 何が言いたいのか。復活の主との出会いは、わたしたち一人一人にとっても、復活のキリストが近づき、真中に立ち、このわたしに語りかけてくださる、その声に聞くところからしか始まらない、ということです。自分からは始まらない、ということです。

 確かに弟子たちは、復活のキリストに躓いた。だが甦りの主イエスに出会って、復活の主イエスのいのちに活かされるものとなった。ではわたしたちは、復活の主とどこでお会いするのか。神のみもとに昇天された主イエスにどこでお会いするのか。それは今日の聖書箇所を超えるテーマですが、ルカはそのことをこそ、書き記したかった。だからこそ福音書に続く使徒言行録を書いたのです。復活の主との出会いは、繰り返しますが、神からの働きによって与えられるものです。そしてイエス・キリストにおいて働く神の業は、復活の主と出会い、復活信仰に生きるものとされ、主の復活の証人となった弟子たち、証人の群れ、形成された教会において、継続されている、といっていいのです。

 神は主の復活の証人となった弟子たちにおいて働かれる。キリストの体なる教会において働かれる。復活の主との出会いを与えてくださる。ルカは使徒たちの歩み、教会の歩みを、どうしても書き記したかった。だから使徒言行録を書いた。そこであなたは復活の主と出会うのだ、ということ伝えたかった。事実わたしたちも、復活の証人としてのあの人、この人において、復活の主と出会う。その人を活かして、復活のいのちに生きることが人間の根本であることを示されてきたのです。教会において、復活の主と出会うことへと招かれてきたのです。

 しかし、それは、弟子たちがそうであったように、主イエスの言葉を思い出すこと、聞いて、そのみ言葉の一つ一つを想起するその歩みの中で、出会いが与えられていく、ということなのです。

 静かに、しかししっかりと、み言葉に聞き、み言葉の一つ一つを大切に自分の体の中に入れていきましょう。神が働き、聖霊が豊かに働き、数多の復活の証人を通して、教会において、神は生きて働いて、復活の主との出会いを、何度でも何度でも与えてくださる、そのことを仰ぎ見て、日々歩んでまいりましょう。